適度な運動は記憶力をアップさせる?

学校の成績を上げたいと考えている方や、仕事上で記憶力をアップしたいと考えている方にとって朗報があります。それは、科学的な視点から見て適度な運動が記憶力をアップさせるという報告です。記憶力を上げるためには、ひたすら暗記を繰り返して脳の働きのみを鍛える方法が効果的であると従来は言われてきました。しかし、ただ脳を鍛えるというだけではなく、身体全体を動かすことによって脳の働きがアップすることが解明されてきたのです。

JOC - 競技紹介:ボディビル

それではなぜ適度な運動を行えば記憶力がアップするのでしょうか。その理由として挙げられるのが、運動を行うことによって身体全体の血流が良くなるという点です。身体全体の血流が良くなれば、当然脳の血流も良くなります。脳は酸素を多く取り入れることによって活動をしている身体の器官でありますから、血流が良くなって酸素が多く届くほどその働きを増すことができるのです。

プロテインはこれがオススメ

また、有酸素運動などの適度な運動を行うと、人は自然と爽快感を感じるはずです。この爽快感は脳に適度な刺激を与え、脳の働きを活性化してくれると言われているドーパミンやセロトニンなどの神経伝達物質を多く分泌させてくれます。その神経伝達物質が頭を良くし、結果として記憶力のアップへと結びついてくるのです。このような理由から、適度な運動が記憶力をアップしてくれるということが証明されたのです。

リウマチ情報センター|リウマチ性多発筋痛症

なかなか記憶力が上がらないと悩まれている人であったとしても、さらに頭を酷使しようとはせずに、気分転換がてら運動をしてみると良いかもしれません。そうすることで脳が徐々に活性化されていき、限界を感じていた記憶力が現状よりアップする実感を得られるでしょう。