餌によって味も違ってくるんだってね

皆さんの中にはお肉大好きという人も多いと思います。かく言う私もお肉大好きです。鶏肉も美味しいですし、豚肉も美味しいのですが、やっぱり美味しい牛肉には及ばないような気がします。特に銘柄のついた黒毛和牛の美味しさと言ったら、他のどんな食材にも負けない感動を与えてくれます。

黒毛和牛

そんな美味しい黒毛和牛、飼育する方が一頭一頭丹精込めて牛を育てています。そんな中で、餌にも大変気を遣われているのだと言います。餌一つで肉の味が違ってきてしまうそうなのです。より美味しい牛肉にするために、原料を厳選し、植物性飼料だけを配合した良質な飼料を特別に作るこだわりの牛舎があります。成長ホルモン等を一切含まない言わば無添加の飼料を食べて育つと、健康的になるだけでなく、柔らかく、旨みの増した牛に成長してくれるのです。

地域団体商標「讃岐牛」が登録査定されました!

国内で生産される一般的な肉牛の餌に関しては、飼料となる作物の残留農薬の量が多く、その農薬が牛の体内に残ってしまうという問題があります。また、飼料添加物といって、例えば抗酸化剤、防かび剤、粘結剤、乳化剤、調整剤等々が多く含まれています。もちろんこれらは農林水産省で配合を認めている添加物ですので、違法ではありませんし、これらの飼料を食べた牛を我々が口にしても人体に影響はないものです。しかし、添加物コテコテの肉牛と、自然の飼料を食べて育った黒毛和牛と、あなたはどちらを食べたいですか?やはり、いい餌を食べて健康的に育った牛の肉は、その成長過程が肉の味に現れるのだと思います。

廚鯖胆嘱郭高阻堝掴議勾釘_木儷書晩三籾煽雰井

人間も同じで、私も親として、子供にはなるべく農薬をあまり使っていない米や野菜、添加物の入っていない食べ物を与えたいと思うようになりました。