脂肪吸引とダイエットの違い

今や男女を問わずダイエットを試みる人は多く、ネットなどで少し調べるだけで民間療法や医療行為を問わず様々な痩身法を目にすることが出来ます。
ダイエットという言葉自体が痩せることを目的とした行動を全て意味するかのように捉えられているため、医療行為も同じ感覚で語られていますが、個人レベルで痩せる為の行動を取るのと医療に頼るのでは、同じ痩せることを目的にしていても根本的に異なる為に注意が必要です。
元々肥満体形の人は痩せている人に比べて病気に掛る割合も高いと言われています。しかし、現代のダイエットの目的はその殆どが美容としての意味合いが強く、脂肪吸引も美容医療に含まれます。

脂肪細胞は決して減らない......ダイエット前に知っておきたい"太る"メカニズム|サイゾーウーマン

脂肪吸引は、皮下脂肪を特殊な医療道具で吸引して取り除く手術のことで、れっきとした医療行為に当たります。
ダイエットの場合は、運動や食事制限によるカロリーコントロールをすることで痩せることが一般的です。その為、実際に痩せるまでは体質による個人差も大きく、継続的な努力を要することが殆どです。

セルライト撃退コースと体験エステの紹介|ボディエステ|ダイエット・痩身・脚やせならラ・パルレ

そして多くの場合は痩せた後に運動量を減らしてしまったり、食事の内容や量を元に戻してしまうことによるリバウンドが発生する為、ダイエットをすることは単なるコントロールではなく生活習慣そのものを変えることの方が重要であることが判ります。
ダイエットで痩せるということは、脂肪細胞が縮小した結果であり、細胞そのものの数は変わっていません。その為にカロリー消費が行われなくなるとリバウンドが起こり易くなります。



一方、脂肪吸引は脂肪細胞そのものを取り除いてしまいます。脂肪細胞そのものが無くなっている為、脂肪吸引した個所がリバウンドによって元に戻るということは殆どありません。

もう一つの違いとして、ダイエットは全身の中でも痩せたい部分をコントロールすることが難しいことに対して、脂肪吸引は希望する個所を手術することにより見た目のスタイルを優先して痩せることが出来ます。