キレイな歯並びに憧れて

日本人はそれほどでもないのですが、アメリカ人などは歯並びには神経質なようですね。聞いたところによるとアメリカなどでは、キレイな歯並びでないと接客業などの就職にも影響を与えるらしいですね。従って、洋画などを見ていても白人のティーンエイジャーの女性が、歯の矯正用の金属製ワイヤーをはめている姿をたまに見かけることがあります。



そうは言っても、日本人の場合においても、とくに女性などは外見を気にする方が多いので、キレイな歯並びに憧れて矯正をする傾向にあるようです。とりわけ今日ではそうした歯の矯正の技術レベルも随分と向上してきているので、従来からの金属製のワイヤー以外の矯正治具なども増えているようです。例えば透明のマウスピースや透明のワイヤーなどで、人にも気付かれることなく矯正治療が出来るようにもなってきているようです。

歯根嚢胞 | 病名から医師・病院・クリニックを検索【病院検索ホスピタ】

ちなみに、歯の矯正に関してインターネットで調べてみたのですが、いろいろな歯並びの悪い症例写真が掲載されており、その矯正前と矯正後の写真を比較してみると、明らかに見栄えが全然違うように思えます。とりわけ出っ歯の女性などは、真横から見た場合には上顎と下顎がゴリラのように出ているので、かなり見っともない印象を受けます。

メンテナンス|武蔵野市の歯科 吉祥寺セントラルクリニック

ところが、矯正後は随分を鼻の下がスッキリとしていて見違えるような方ばかりですね。これには、大変驚かされました。男性はともかく女性の場合には、異性とのお付き合いをする上においては、雲泥の差があるのではないでしょうかね。やはりそうしたコンプレックスを抱えた状態の場合には、異性との交際に関しても消極的になってしまうでしょうね。また、性格も明るくなるのではないかと思います。